1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でペットを飼いたい!猫と一緒に暮らす場合の注意点は?

賃貸物件でペットを飼いたい!猫と一緒に暮らす場合の注意点は?

≪ 前へ|南足柄市は小児医療費助成がある!その他子育て支援の内容や施設もチェック!   記事一覧   賃貸物件の設備でよく見かける「ユニットバス」の特徴を知ろう!|次へ ≫

賃貸物件でペットを飼いたい!猫と一緒に暮らす場合の注意点は?

賃貸物件でペットを飼いたい!猫と一緒に暮らす場合の注意点は?

賃貸物件でも、ペット可の部屋では犬や猫などと一緒に生活できます。
ただ、部屋を傷付けてしまう可能性もありますから、飼うときは注意点をしっかりと把握しておきましょう。
今回は賃貸物件で猫を飼おうと検討している方に向けて、とくに注意したい壁紙・床・鳴き声についての対策をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でペットの猫を飼うときは配慮しよう①壁紙の注意点

最近は、ペット可の賃貸物件も増えているようです。
ただ、ペット可であっても、部屋を退去するときは借主に原状回復の義務があります。
ですから、ペットによる傷や汚れがあると、修繕費用を請求されてしまいます。
とくに猫は、爪とぎをする習性がありますから気を付けましょう。
壁紙やカーテンで爪とぎされるとボロボロになってしまいますから、しっかりとした対策が必要です。
壁紙を守るためには、爪とぎ器を設置しましょう。
爪とぎをするお気に入りの場所があるのでしたら、その近くに置くと効果があります。
どうしても壁で爪とぎしてしまう場合は、ツルツルのシートを貼って保護するとよいでしょう。

賃貸物件でペットの猫を飼うときは配慮しよう②床の注意点

ペットを飼うときは、床を傷付けないようにする工夫も必要です。
また、床がフローリングだと、ペットが滑ってしまい危険なこともあります。
カーペットやクッションフロアを敷くと、床の保護に加えて、ペットが歩きやすくなる効果もあるのでおすすめです。
さらに、下の階に足音が聞こえにくくなる防音効果も期待できるでしょう。
床全体に敷くことが難しい場合は、ペットがよく過ごす場所だけでも敷いておくと安心です。

賃貸物件でペットの猫を飼うときは配慮しよう③鳴き声の注意点

猫を飼うときは、鳴き声についても対策しておきましょう。
ペット可の賃貸物件は、しっかりと防音対策されていることが多く、周りの住人にも比較的理解があると考えられます。
それでも、鳴き声などの騒音はトラブルの原因となることがありますから、自分でも対策しておくと安心です。
部屋に合わせて、吸音パネルや防音カーペットなどの使用を検討してみましょう。
また、夜鳴きを防ぐためには、昼間の運動量を増やすことも効果があります。
キャットタワーを設置するなど、適度に運動できる環境を作ってあげましょう。

まとめ

猫などのペットと一緒の暮らしは、楽しさや癒しを感じられます。
賃貸物件の場合は、退去時になるべく修繕費がかからないように、壁紙や床などをきちんと保護しておきましょう。
騒音はトラブルの原因となることが多いので、鳴き声対策もしっかりと考えましょう。
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|南足柄市は小児医療費助成がある!その他子育て支援の内容や施設もチェック!   記事一覧   賃貸物件の設備でよく見かける「ユニットバス」の特徴を知ろう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 国土交通大臣 (1) 第9889号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る