1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 狭い賃貸物件でもソファは置ける!?工夫次第で理想の部屋に

狭い賃貸物件でもソファは置ける!?工夫次第で理想の部屋に

≪ 前へ|賃貸マンションに表札は必要?そのメリット・デメリットとは   記事一覧   賃貸のベランダはどのように活用する?快適な空間で暮らしたい!|次へ ≫

狭い賃貸物件でもソファは置ける!?工夫次第で理想の部屋に

狭い賃貸物件でもソファは置ける!?工夫次第で理想の部屋に

賃貸物件の部屋を借りたら、ぜひ置きたい家具のひとつが「ソファ」です。
家具としてだけでなく、インテリアとしても部屋の雰囲気を盛り上げてくれますよね。
しかし部屋が狭いとなると、なかなか置き場所の確保が難しいのが悩みどころ。
そこで今回は、ソファを置くとどんなメリットがあるのか、そして狭い賃貸物件の部屋でもソファを置くためにはどんな工夫ができるのか、についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

生活の向上につながる?狭い賃貸物件でもソファを置くメリット

ソファを部屋に置くメリットとしては、まず「くつろぎスペース」を明確にできることです。
「テレビを見たり」「読書をしたり」「コーヒーを飲んだり…」と、ベッドとは違う場所に自分の定位置をつくることで、狭い部屋でも生活にメリハリをつけられますよね。
さらに、床に座るスタイルの生活よりも、ソファの方が立ち上がる動作が楽なので、いろいろと活動的に家事などをこなすことができます。
また、狭いワンルーム賃貸物件などの場合は、食事などをするダイニングスペースとしてもソファを活用できますよ。

もちろん、ソファを置くことで部屋がさらに狭く感じられてしまったり、ソファ下の掃除が面倒になる、といったデメリットもあります。
ご自身のライフスタイルと照らし合わせながら、ソファを置くことがあなたにとってメリットなのかデメリットなのか、考えてみてくださいね。

狭い賃貸物件でもソファで快適に暮らすための工夫とは

コンパクトな間取りが多い都市部の賃貸物件に住んでいる方など、ソファを置きたくても部屋が狭いからと諦めているケースも多いのではないでしょうか。

しかし、少しの工夫で解決できることもあります。
まずは、もっとも簡単な「サイズ」に注目する方法。
ひとくちにサイズといっても「幅」「奥行き」そして「高さ」と、それぞれに目をむけてみましょう。
実際に配置する場所のことを考えて、他の家具との距離や位置関係などを考慮し「幅は広く取れないけれど、その分奥行きはゆったりしたものを置こう」などの検討ができます。
また、ひじ掛けが片方しかないタイプや、両方のひじ掛けがないベンチタイプなども、狭い部屋で圧迫感をなくす工夫としては有効です。
次に「レイアウト」に注目することも大切です。
狭い部屋でもベッドとソファの間にカーテンを1枚吊るすだけで、空間を分けて見せることができます。
また、ソファの視線の先にベランダがくるようにして、開放感のあるレイアウトにしたり、逆にソファからベッドが見えないレイアウトにして生活感を消したりといった工夫もできますね。
ワンルームでは棚やオープンシェルフなどの家具をつかって、収納を確保しつつベッドとソファの空間をうまく分けると生活しやすくなりますよ。

まとめ

ソファはなくても生活できますが、だからこそ生活を豊かにする存在として取り入れたいもの。
狭い部屋でも、ソファを置くためにあれやこれやと工夫してみる楽しさがありますよ。
特に最近は「おうち時間」が長い方も増えているので、外食費や交際費の代わりにソファの購入を検討してみてはいかがでしょうか?
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸マンションに表札は必要?そのメリット・デメリットとは   記事一覧   賃貸のベランダはどのように活用する?快適な空間で暮らしたい!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 国土交通大臣 (1) 第9889号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る