1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件を借りる際に必要な初期費用の内訳とは?いくらぐらい必要?

賃貸物件を借りる際に必要な初期費用の内訳とは?いくらぐらい必要?

≪ 前へ|敷金・礼金なしの賃貸物件を借りるメリット・デメリットとは?   記事一覧   賃貸物件でアンペア数を変更したい人必見!手順や注意点も|次へ ≫

賃貸物件を借りる際に必要な初期費用の内訳とは?いくらぐらい必要?

賃貸物件を借りる際に必要な初期費用の内訳とは?いくらぐらい必要?

賃貸物件を借りるためには、契約の際にさまざまな初期費用がかかります。
の内訳やいくらぐらい準備しておけばよいのかも前もって知った上で、物件探しを始めましょう。

そこで今回は、賃貸物件を契約する際にかかる初期費用の内訳と、相場についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の初期費用の内訳とは?敷金や礼金などの項目をご紹介!

賃貸物件を借りる際には初期費用がかかりますが、実際どのような費用が発生するのかご存じでしょうか。
そこで内訳としていくつかの項目をご紹介しますので、ぜひ知っておいてください。

初期費用の項目

●敷金
退去する際の修繕費やクリーニング代のために、大家さんに預けておくお金で、残ったお金は戻ってきます。

●礼金
大家さんに対するお礼として支払うお金です。

●前家賃
賃貸物件は翌月分の家賃を支払いますから、入居する月の翌月分を初期費用として支払います。

●日割り家賃
家賃が発生する日から、その月の月末までを日割り計算して支払います。

●火災保険料
賃貸物件を借りる際には、火災保険への加入を求められます。

●仲介手数料
不動産会社を介して契約した場合に支払う、不動産会社への報酬です。

●鍵の交換費用
前の入居者とは別の鍵に交換するための費用です。
これらのほかに物件によっては消毒費用や、24時間トラブルに対応してくれるサポートを利用する場合のサポート料などが発生する可能性がありますよ。

賃貸物件の初期費用の内訳とは?相場はいくらぐらい?

では、いくらぐらい準備しておけばよいのでしょうか?
敷金・礼金・前家賃・仲介手数料は、それぞれ家賃の1カ月分として計算されるのが一般的です。
日割り家賃については、月末まで何日あるかで変わりますが、仮に15日に家賃が発生する場合は半月分の日割り家賃が必要です。
火災保険料は、賃貸契約の多くが2年契約であることから、2年分をまとめて支払います。
物件の広さや契約内容によって変わりますが、2年分で15,000円ほどが相場でしょう。
鍵の交換費用は、15,000円ほど必要です。
これらを合計すると、家賃の5カ月分ほどの初期費用がかかりますから、これを目安に準備しておくとよいでしょう。

まとめ

賃貸物件を借りる際には、家賃の5カ月分ほどの初期費用がかかります。
家賃が安ければそれだけ初期費用を抑えられますし、オフシーズンに物件を探せば、敷金・礼金などの交渉が可能な場合もありますよ。
まずは初期費用に支払える予算を考慮して、お部屋探しを始めることをおすすめします。
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|敷金・礼金なしの賃貸物件を借りるメリット・デメリットとは?   記事一覧   賃貸物件でアンペア数を変更したい人必見!手順や注意点も|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 国土交通大臣 (1) 第9889号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る