1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 角部屋と中部屋どちらにする?賃貸物件の部屋の位置で異なるメリット・デメリット

角部屋と中部屋どちらにする?賃貸物件の部屋の位置で異なるメリット・デメリット

≪ 前へ|最近よく見るインターネット完備の賃貸物件とは?種類も解説します    記事一覧   ファミリー向け賃貸物件をお探し方必見!3人から4人用の間取りを紹介|次へ ≫

角部屋と中部屋どちらにする?賃貸物件の部屋の位置で異なるメリット・デメリット

角部屋と中部屋どちらにする?賃貸物件の部屋の位置で異なるメリット・デメリット

賃貸物件の部屋探しでは、「絶対に角部屋がいい」という方も多いですよね。
でも実は、角部屋があなたのライフスタイルに合っていない場合もあることをご存知でしたか?
今回は、賃貸物件でも人気と言われる角部屋と一般的な中部屋のメリットとデメリットについてご案内していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

人気の角部屋!その特徴とメリット・デメリット

マンションやアパートなどの賃貸物件のそれぞれの階の端っこに位置する角部屋。
部屋と部屋の間に位置する中部屋よりも窓の数が多いことや隣接する部屋が片側にしかないことから、「開放感を感じることのできる部屋」「近所の物音が気にならない部屋」などとしても人気となっています。
よいイメージが先行しがちな角部屋ですが、意外とも言えるデメリットがあるのでしっかりと確認していきましょう。

角部屋のメリット
●窓がより多くの面にあるので日当たり・風通し・眺望がよい
●インテリアを工夫できる出窓などがあることが多い
●建物のつくりによってはプライバシーを確保しやすい
●中部屋よりも広めに設計されていることが多い


角部屋のデメリット
●窓がより多くの面にあるので気温変化や結露がストレスになりやすい
●中部屋に比べると家賃が割高
●家具の配置がむずかしい場合がある
●建物のつくりによっては階段やエレベーターの音などが気になる場合がある

中部屋の特徴とメリット・デメリット

部屋の位置にこだわりのある方に人気の角部屋とは違い、部屋と部屋の間に位置する中部屋は、より一般的な部屋とも言えます。
中規模~大規模のマンションの場合は、エレベーターや階段などの位置を考えた場合などにも中部屋の方がメリットが多いこともあるので、どちらの部屋がライフスタイルに合っているかなど、冷静に判断することがおすすめです。

中部屋のメリット
●窓のある面が少ないので気温変化に強く結露の心配が少ない
●遮音性や遮蔽性が高く冷暖房効率もよい
●家具が配置しやすい間取りが多い
●角部屋よりも家賃が割安


中部屋のデメリット
●窓のある面が少ないので日当たり・風通し・眺望がやや悪い
●玄関先のプライバシーが気になる可能性がある
●上下左右の部屋からの生活音などがストレスとなる可能性がある

まとめ

とくに1人暮らしの方に人気の角部屋。
「角部屋だからよい」「中部屋だからよい」と部屋の位置だけで安易に判断してしまうのはNGです。
部屋の向きなどによっては昼間は自然光で暮らせるなどのよい面もありますが、賃貸物件のあるエリアによっては、外の音が気になる点などがネックとなってしまうケースもあります。
賃貸物件としてのいろいろな要素を踏まえるのを忘れずに、それぞれの部屋の特徴のメリットとデメリットを理解した上で、じっくりと部屋選びをしてみてはいかがでしょうか?
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最近よく見るインターネット完備の賃貸物件とは?種類も解説します    記事一覧   ファミリー向け賃貸物件をお探し方必見!3人から4人用の間取りを紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 神奈川県知事 (1) 第30622号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る