1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?1Rから1LDKまで特徴を紹介

一人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?1Rから1LDKまで特徴を紹介

≪ 前へ|賃貸物件でデザイナーズを選ぶメリットとデメリット   記事一覧   二人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?間取り別に特徴を調査!|次へ ≫

一人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?1Rから1LDKまで特徴を紹介

一人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?1Rから1LDKまで特徴を紹介

一人暮らしをするときは、自分の生活スタイルに合わせた間取りの部屋を選びましょう。
間取りの広さと家賃、どちらを重視するかで適した間取りが変わってきます。
一人暮らしの間取りでよく選ばれる、1Rから1LDKまでの間取りについて詳しく見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

家賃を抑えて一人暮らしをするなら1Rか1Kの間取りがおすすめ

できるだけ家賃を抑えたい人には、1Rか1Kの間取りがおすすめです。
どちらの間取りも部屋の面積が狭い分、家賃相場も安くなっています。
1Rはキッチンと居室の間に扉が無く、一人暮らし向けの間取りとしては最もシンプルな作りです。
1Rは一般的にお部屋が狭めなので収納スペースも少なく、たくさんの荷物や大きな家具を入れるには不向きな間取りです。
しかし、一人暮らしをする間取りとしては家賃を最も安くできるので、家賃をできるだけ抑えたい人にはお勧めの間取りと言えます。
1Kはキッチンと居室の間に扉があり、生活空間が明確に分かれている間取りです。
1Kは扉で空間が仕切られている分、料理の際に匂いが居室に移りにくくなっています。
また、1Rよりも収納スペースが広いことも多く、多少荷物が多くなってもゆとりをもって過ごせます。
1Kの方が大型の家具も運びやすく、住まいに余裕を持って過ごしたい人に向いている間取りです。

一人暮らしでのびのびと過ごせる間取りなら1DK・1LDKがおすすめ

1DKは部屋が1つとダイニングキッチン、1LDKは部屋が1つとリビングダイニングキッチンがついた間取りです。
どちらの間取りも1K・1Rよりもキッチンの面積が広く、特に1LDKはキッチン内部にテーブルセットを置いても余裕がある程広い間取りになっています。
1DKと1LDKはキッチンの面積が広くなる分家賃は高くなりますが、人を招いても圧迫感を与えず、のびのびと過ごせる点がメリットです。
広い部屋は欲しいけれど家賃が高くなりすぎるのは避けたい人は、1DKが特におすすめとなっています。
1DKは1980年代に流行した間取りで、築年数が古い物件が多い傾向にあり、そのため家賃が安い物件も探しやすいのですが、物件によっては居室が和室になっている物件もあります。
一方1LDKの物件は2000年代に入ってから建てられた物件が多く、セキュリティが充実した物件が多いのが特徴です。
自宅に人を招いたり、大きな家具をたくさん入れたい人には、1LDKの間取りが適しています。

まとめ

賃貸物件での一人暮らしでは、家賃が毎月の固定支出に加わります。
家賃が負担で生活が苦しくならないように、自宅にいる時間や人を招く頻度なども考慮して最適な間取りを選びましょう。
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件でデザイナーズを選ぶメリットとデメリット   記事一覧   二人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?間取り別に特徴を調査!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 神奈川県知事 (1) 第30622号
  • QRコード
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る