1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 二人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?間取り別に特徴を調査!

二人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?間取り別に特徴を調査!

≪ 前へ|一人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?1Rから1LDKまで特徴を紹介   記事一覧   小田原駅の住みやすさとは?交通アクセスや買い物事情についてチェック|次へ ≫

二人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?間取り別に特徴を調査!

二人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?間取り別に特徴を調査!

二人暮らしをするときの間取りは、一人暮らしよりも広めの部屋が求められます。
互いの部屋を一緒にするか、別にするかによって適した間取りが変わりますので、部屋の使い方をパートナーと話し合ってから間取りを決めてください。
それでは実際に、二人暮らしの間取りとしてよく選ばれる1DK・1LDKと2DK・2LDKについて順に見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

家賃を節約しつつ二人暮らしをするなら1DKか1LDKの間取りがおすすめ

できるだけ家賃を抑えつつ二人分の生活スペースを確保したいなら、1DKか1LDKの間取りがおすすめです。
どちらの間取りも居室を一つにしている分家賃が安いので、毎月の固定支出を節約できます。
二人暮らしの間取りとして最も人気があるのは、1LDKの間取りです。
1LDKはキッチンも広く、1DKよりもゆとりを持って過ごせます。
1LDKは部屋全体にゆとりが出る分、ベッドを二つおいても圧迫感がありません。
パートナーと同じ居室で生活しながらベッドを分けたい人には、1LDKの間取りがおすすめです。
対して1DKの間取りでは、ベッドを2つ置くスペースが取りにくい問題点があります。
1DKの間取りで二人暮らしをするなら、同じベッドを使うことになります。
パートナーとの生活リズムが近く、互いの距離が気にならないなら1DKを選択肢に入れても良いでしょう。

パートナーとの結婚を考えて二人暮らしをするなら2DK・2LDKの間取りがおすすめ

パートナーとの結婚を考えて生活するなら、2DKや2LDKの間取りがおすすめです。
特に2LDKは大型家具を運び込んでも余裕がある広さなので、結婚後も住み続けたいときにぴったりの間取りです。
子供が生まれた場合は部屋の一つを子供部屋として使えますので、長く住み続けられる間取りなら2LDKが適しています。
ただし、2LDKは築年数が新しく家賃が高い傾向にあるため、固定支出がある程度高くなってしまいます。
家賃の高さが気になる時は、2DKの間取りも検討してみましょう。
2DKは2LDKより面積は狭いですが、家賃の手ごろさとレイアウトの自由さが魅力の間取りです。
居室が2つある分、パートナーと自分の部屋を分けて使えます。
同じ部屋で生活したいときは、1つを共同の寝室にしてもう一つをリビングとして使う方法もあります。

まとめ

二人暮らしの間取りを決めるときは、現在の生活スタイルと将来の生活スタイルの両方を考えて間取りを選びましょう。
将来引っ越しを考えて間取りを選ぶか、同じ場所に長く住み続けるかで最適な間取りが変わります。
自分にとっても、パートナーにとっても過ごしやすい住居になるように、二人で意見を出し合うことが大切ですよ。
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一人暮らしの間取りはどの広さがおすすめ?1Rから1LDKまで特徴を紹介   記事一覧   小田原駅の住みやすさとは?交通アクセスや買い物事情についてチェック|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 神奈川県知事 (1) 第30622号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る