1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸の築古物件の意外なメリットとデメリットとは?

賃貸の築古物件の意外なメリットとデメリットとは?

≪ 前へ|賃貸物件のキッチンが一口コンロだとどうなる?自炊の工夫も紹介!   記事一覧   収入に見合った賃貸物件の家賃の見極め方とは?収入と家賃の理想的な関係!|次へ ≫

賃貸の築古物件の意外なメリットとデメリットとは?

賃貸の築古物件の意外なメリットとデメリットとは?

賃貸物件を選ぶ際には、やはり築年数も気になる要素のひとつ。
築古物件にはなんとなくマイナスのイメージがある方は多いかもしれませんが、実際にはどんなメリットとデメリットがあるかを知っていますか?
今回は、賃貸物件の築年数について、いろいろとお話をしていきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸で築古物件を探すなら!築年数について知っておきたいこと

賃貸物件情報を見ていると必ず目にすることとなる「築年数」や「築後年数」などの表記。
賃貸物件を探している際には、「駅から徒歩何分」や間取りなどのように、必ず確認する要素だと思います。
「古い家よりは新しい家の方がきれいでよい」と考える方も多いかもしれませんが、実は、この築年数は、建物の耐震構造や設備の劣化などを判断する時に便利な情報のひとつ。
例えば、建築基準法で法改正のあった1981年を区切りに「旧耐震基準」と「新耐震基準」に分かれているため、築古物件の中には、旧耐震基準のものが存在します。
またマンションやアパートなどは、木造住宅は22年、鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC造)は47年など構造によっても異なる法定耐用年数が設定されています。
この数字は必ずしも建物の寿命につながるというわけではありませんが、賃貸物件を選ぶ時の目安に覚えておくとよいかもしれません。

賃貸の築古物件のメリット・デメリット

築年数は、賃貸物件を選ぶ際の基準のひとつとなるもの。
しかし、築年数だけで賃貸物件の良し悪しがわかるわけではなく、全項目でお話ししたような構造部分の違いや施工時の精度などによっても、劣化や耐震性度合いなどは異なってきます。
実は、築年数が経過している築古物件を選ぶメリットは意外と多いことを知っていましたか?
よく知られているのは、家賃が比較的安いこと、一般的には築浅物件の方が人気なので競争率が低く選択肢が多いこと、リフォーム済みのきれいな物件が意外と多いことなど。
そのほかにも、昔からあるために立地条件がよい建物が多いことなどもメリットとしてあげられます。
逆にデメリットとなってしまうのは、耐震性や建物強度に多少の不安があること、設備がひと昔前のものであることなど。
戸数の大きなマンションの場合は、築年数よりも管理体制を見た方が賃貸物件としての質がわかる場合もありますので、見学の際などは共有部分や外観などをチェックするようにしましょう。

まとめ

賃貸物件における築年数の考え方のポイントをご紹介させていただきました。
賃貸物件をお探しの際は、築古物件だからだめと決めつけるのではなく、物件ひとつひとつの実際の状況を見て判断するのがおすすめです。
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件のキッチンが一口コンロだとどうなる?自炊の工夫も紹介!   記事一覧   収入に見合った賃貸物件の家賃の見極め方とは?収入と家賃の理想的な関係!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 神奈川県知事 (1) 第30622号
  • QRコード
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る