1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 知らないと損することも?賃貸物件の契約期間の注意点とは?

知らないと損することも?賃貸物件の契約期間の注意点とは?

≪ 前へ|賃貸物件の契約はキャンセル可能?キャンセル可能なタイミングとは?   記事一覧   賃貸物件のフローリングにカビや変色!どんな掃除方法が有効?|次へ ≫

知らないと損することも?賃貸物件の契約期間の注意点とは?

知らないと損することも?賃貸物件の契約期間の注意点とは?

賃貸物件に住み始めてしばらく経つと訪れる契約更新の時期。
更新せず解約する場合にも思っていたタイミングで退去するためには知っておきたいことがあります。
今回は、賃貸物件の一般的な契約期間、契約の更新や解約をするときに知っておきたい事柄についていろいろとお話をしていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

2年ごとが主流?住んでいる賃貸物件の契約期間を把握しておこう

賃貸物件に一定期間住んでいると気になってくる契約更新の時期。
自分が引越した時期を明確に覚えている場合は心構えができますが、大家さんから契約更新の案内が届いてはじめて気がついたということも時にはあるかと思います。
一般的に、賃貸物件の賃貸借契約における区切りとなっているのは2年。
現状2年ごとの契約更新が主流になっている背景にあるのは、貸主・借主・不動産仲介会社の保護やライフスタイルを考慮した理由。
最近は、1年ごとに契約更新の設定がある賃貸物件も増えていますが、多くの場合では、まだまだ2年ごとに契約更新の時期がやってくるのが一般的です。
今住んでいる賃貸物件からの住み替えなどを検討している方は、契約更新のタイミングでの住み替えがおすすめ。
一度、賃貸借契約書を確認しておくと安心です。

賃貸物件の契約期間の更新費用や知っておきたい注意点とは?

契約更新は、とくに特別な手続きを取らなくても自動更新となる場合と、自動更新にならずに契約満了となる場合があります。
契約を更新する場合も解約を考えている場合も、まずは自分の住んでいる賃貸物件の契約更新がどちらの仕組みになっているかを確認しましょう。
自動更新の場合は、借主側から解約の連絡を取ることが必須となる場合がほとんど。
契約更新の際は、求められた書類の提出のほか、契約更新料や火災保険などの損害保険加入料が必要となります。
場合によっては賃料が変更となることもありますので、契約を更新する際は必ず契約内容の詳細を確認するようにしましょう。

賃貸契約を契約期間満了前に途中解約する場合の手順と注意点

賃貸物件の契約更新のタイミングは、住み続けるにしても更新費用が発生することもあり、住み替えを検討するにふさわしいタイミングとも言えます。
引越しを検討中の場合は、契約更新の時期を狙って計画を立てると費用面の負担が減ります。
気を付けたいのは、賃貸物件の解約を申し出る時期。
退去予定の1~2か月前には大家さんや不動産管理会社などに解約を予告しておく必要があるため、賃貸借契約書の内容を確認して忘れずに手続きを取りましょう。
詳細な解約予告期間や違約金の有無についても、賃貸借契約書にきちんと記載されているはずです。
契約期間満了前の途中解約の場合でも、最近は違約金を取られることは少なくなっています。

まとめ

契約の期間があらかじめ決まっている賃貸物件では、契約期間を確認しながら賢く住み続けるのか引越すのかを判断するのがポイント。
とくに住み替えを検討している方は、早めに賃貸借契約書の内容を確認しながら、新居探しや引越しスケジュールの決定に取り組みましょう。
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の契約はキャンセル可能?キャンセル可能なタイミングとは?   記事一覧   賃貸物件のフローリングにカビや変色!どんな掃除方法が有効?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 国土交通大臣 (1) 第9889号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る