1番ヘヤ > 1番ヘヤのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件への入居の際に個人の火災保険加入は必須?補償内容や相場をご紹介!

賃貸物件への入居の際に個人の火災保険加入は必須?補償内容や相場をご紹介!

≪ 前へ|賃貸物件の寒さをなんとかしたい!簡単にできる窓の寒さ対策とは?   記事一覧   定期借家の賃貸物件とは?メリットや解約・更新などの契約形態について|次へ ≫

賃貸物件への入居の際に個人の火災保険加入は必須?補償内容や相場をご紹介!

賃貸物件への入居の際に個人の火災保険加入は必須?補償内容や相場をご紹介!

賃貸物件へ入居する際、火災保険への加入を勧められるケースは多いかと思います。
そもそも、自己所有物ではない賃貸物件で、火災保険の加入は必要なのでしょうか。
今回は、火災保険で補償される内容や保険料の相場について詳しく解説しますので、賃貸物件をお探しの方はぜひチェックしてみてください!

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で個人で加入する火災保険の種類や補償される事例とは

賃貸物件の入居時に加入する火災保険の種類と、それぞれの補償内容を詳しくみてみましょう。

借家人賠償責任保険
火災や水漏れなど、自身の過失で建物に損害を与えたことにより、貸主に対し法律上の損害賠償責任を負った場合に損害賠償金が補償されます。

家財保険
火災や盗難などによる、家具や家電、衣服などの家財の損害が補償されます。

個人賠償責任保険
日常生活のなかで、偶然起こった事故により、他人にけがをさせてしまったりものを破損してしまったりして、法律上の損害賠償責任を負った場合に損害賠償金が補償されます。
なお、上記の以外にも、事故による部屋の修復などで30日以上部屋に住めない場合の生活再建費用、ドアや窓ガラスを破損した際の修理費用などが補償されるものもあります。

賃貸物件で個人で加入する火災保険では補償外となってしまうのは?

火災保険では、下記のように自然災害による被害や不注意での損害など、補償されないものもあります。

●台風や豪雨による洪水・土砂崩れ・高潮などが原因となる損害
●地震・噴火、それにより発生する津波などが原因となる損害
●自身の不注意で起こった偶然の事故による家財の破損
●風雨や砂塵などが建物に吹き込んだことによる損害
●給排水設備自体に生じた水漏れなどの損害

賃貸物件で個人で火災保険に加入した場合の保険料金の相場は?

火災保険料の1年保証に加入した場合の、保険料金と補償額の相場を紹介します。

年間保険料
1,000円~1万円

借家人賠償責任
1,000万円~2000万円

家財保険金額
100万円~300万円

個人賠償責任
1,000万円~1億円

借家修理費用
100万円~300万円
上記は大手保険会社の相場ですが、どの保険会社を選ぶかは、補償される金額を基準に考えるといいでしょう。
たとえば、一人暮らしの場合、家財補償の平均は200万円ほどです。
そのため、300万円まで補償される保険会社では、無駄な保険料を支払う可能性があります。
補償金額と照らし合わせて、自身に合った保険会社を選んでみてください。

まとめ

火災保険には、貸主への賠償金が補償されるもの、自身の損害が補償されるもの、他人への損害が補償されるものなどがあります。
万が一に備えることは大切ですので、補償内容や保険料などを考慮して、自分に合った火災保険を選んでみてくださいね。
私たち1番ヘヤは、小田原を中心にお客様の要望にマッチした物件をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の寒さをなんとかしたい!簡単にできる窓の寒さ対策とは?   記事一覧   定期借家の賃貸物件とは?メリットや解約・更新などの契約形態について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    1番ヘヤ
    • 〒250-0011
    • 神奈川県小田原市栄町2丁目13-18
      日ノ出ビル 201
    • TEL/0465-46-6655
    • FAX/03-6684-4466
    • 国土交通大臣 (1) 第9889号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る